« 2007年4月 | トップページ

バラバラ

大きな変化のうねりの中で

選手もファンも翻弄された2週間

チームのため、クラブのため

誰かのため、自分のため

何のためにスタジアムに居るのかも判らない

怒りも、不安も

喜びも、励ましも

全てがバラバラに交錯し、伝わりあうことは無い。

またココから、希望を持ってスタートしろって言われても

正直、今すぐには僕は無理です。

5月13日 第15節(長居2) 大阪0-1札幌

5月20日 第16節(長居2) 大阪0-2愛媛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解任

「夢をみせていただいた」とおっしゃっていましたが

僕たちも「夢をみせていただいて」いましたよ。

こんな事実の前には

あー、ファンて無力なんかなと思ってしまいます。


今、もし監督に会えて言うとしたら

ごめんさい!

そして、ありがとう!


あー!残念でしかたないわ、コンチクショー!!!!!!

  
 
  カジノサン、オメデトウ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日を引きずらない

後半20分しか観られていないサガン鳥栖戦。

今週中に録画を全部見る時間は多分・・・無い(悲)

で、簡単に更新。

攻めて、それが実らずミスからカウンターで沈むって試合は

長いシーズン、一度くらいはどっかで喰らうものやと思う。

ただ、それが今日の試合だったことがちょっと辛い。

あんな試合(徳島戦)の後だったこと。

第2クール初戦であったこと。

若手の疲れが溜まってきた時だったこと。

ネガティブな報道がリークされた直後だったこと。

必要以上に、ネガティブな空気が充満していきやしないかが心配です。

5月6日 第14節(鳥栖) 大阪0-1鳥栖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合を創る力の未熟さ

オフサイドを告げる旗を振り続ける副審と、それに気づかずに試合を続行させた主審。

その流れの中で、セレッソにFKが与えられたところで副審の旗に気づいた主審はそのFKのジャッジを取り消し、副審の判定、すなわちセレッソのオフサイドを取り、逆に徳島にFKが与えられた。

当然のように場内に響き渡るセレッソファンのブーイング。その中でポジションを代えるセレッソの選手の動きはいささか緩慢に見えた。

曜一朗がコメントで言った 『たったひとつの集中が途切れたところ』

苦しんで、やっと得たアドバンテージを失った場面。

審判の判定、ファンの声、そして選手の油断。

試合とは生き物であることを再認識したこの場面は、今のチームの試合を創る力の未熟さを教えてくれた場面でもあった。

この試合で第1クールが終了。痛みと不安と希望を織り交ぜながら、道のりはまだ4分の1を過ぎただけである。

5月3日 第13節(長居2) 大阪1-1徳島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ